iPhone 5は年末発売か

9月末日から10月初頭にかけて発売されると予想されていたiPhone 5Sですが、発売開始が年末にずれ込む可能性があると報じられました。
これは米国のBloombelgが情報ソースで、そのサイトの情報はデマがなく信頼性が高いと評判です。
そのため、発売が年末になる可能性は極めて大きいです。

これには理由が2つあります。

まず1つはiPhone 5Sの目玉機能であるタッチセンサー及び指紋認証チップ・LCDドライバICチップの生産量が追い付いていないからです。
生産ラインが滞り生産量が減ったのでiPhone 5Sの初期出荷台数はかなり減る可能性があり、本来ならば6月末~7月頭にかけて量産されるはずだったものを7月末から量産体制に入るという事態に陥っています。
そのため、出荷台数を減らすのではなく、発売時期自体を遅延させる可能性があります。

もう1つはiPhone 5Sの画面デザインを今開発中のものより大きな4.3インチのRetinaディスプレイに変更するため発売を延期する可能性があると報じました。
つまり、現段階で出回っている情報や新型iPhoneの部品が不要となり、新たなものを作り出さなければならない可能性があるのです。

勿論、これらは確定情報ではありません。
しかし、そうなる可能性は極めて大きいということです。
今後の新情報如何を心して待ってください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ