docomoが遂にiPhone参戦!?

遂にdocomoがiPhoneシリーズを発売することとなりそうです。
これで国内3大携帯メーカーすべてがiPhoneを販売することとなります。

2012年末の携帯電話契約実績でNTTドコモはソフトバンクモバイルとKDDIに大きく差をつけられました。
そして数ある敗因の中で最も同意を得られたのが「NTTドコモがiPhoneを取り扱っていなかったから」という意見で、株主総会ではキャリア側・ユーザー側ともにこれには納得。
経営陣はこのiPhone導入に忸怩たる思いを抱いているのは様々なメディアで取り上げられていましたが、契約実績が昨年353万600件の純増件数でトップの座を維持したソフトバンクモバイルと比べて、NTTドコモは140万650件(昨年度比:-71万件)と半分以下だという実態を鑑みればiPhoneを導入せざるをえません。
さらに付け加えるならば、MNP(モバイルナンバーポータビリティー)による携帯電話契約者の転出入状況は、KDDI(=au)は101万500件の転入超過という状況に対して、NTTドコモは141万300件の転出超過とiPhoneの有無によって多大な損失を被る結果となりました。
ちなみにこのMNP制度が導入された2006年10月からの累計ではソフトバンクモバイルは237万440件、KDDIは241万7200件の転入超過で、NTTドコモは477万620件の転出超過で、ここからiPhoneの影響力が一過性のものではないことを窺い知ることができます。

このような芳しくない状況を打破すべくdocomoはiPhoneをリリースします。
先日行われたNTTの株主総会で渡辺大樹副社長が、
「現在の苦戦を考えれば(iPhoneの導入は)あり得る」
と発言したことからもうdocomoのiPhone導入は秒読みです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ